ニーサ(NISA)の教室

ニーサ(NISA)とは?

ニーサ(NISA)は、2014年1月に始まった「少額投資非課税制度」と呼ばれる新しい制度の愛称です。
こちらの制度は、イギリスの「ISA(アイサ)」を参考にし、「NIPPON」版であることから「N+ISA=NISA」となりました。
イギリスでも期間限定の制度として始まりましたが、今では恒久的な制度となっています。
ニーサの具体的な内容は、「株や投資信託などの売却益や配当金を非課税にする」というものです。
従来の株や投資信託で得た利益には、約20%の税率が課せられてしまいますが、ニーサを利用することで、「年間100万円」までの投資で得た利益には税金がかかりません。
こちらの制度を利用するためには専用の口座を開設する必要があります。
口座の開設は、日本国内居住の20歳以上で、1人に対して1口座しか作ることが出来ず、一つの枠に対して最長非課税期間は5年となっています。
ただし、口座は毎年別の金融機関に替えることができ、それを利用することで非課税期間を最大10年間にすることも出来ます。
ニーサによる非課税期間は2014~2023年までの10年間となっています。
また、非課税枠の上限は、2014年~2015年は100万円となっており、2016年~2023年は120万円となっているため、最大で1160万円の非課税枠を利用することが出来ます。
ニーサ口座で取り引きできる金融商品は決まっており、「株式投資」、「公募株式投資信託」、「上場REIT」、「ETF/ETN」となっています。
そのため、FXや債券などの金融商品は対象外です。
ニーサの利用を考えている方は、まだ期間は十分残されているため、有効に活用することで税金の免除を受けることが出来ます。

ニーサのサービスについて

株式投資をする人は、税金対策をしっかりと行っていきましょう。
大きな利益を出せるビジネスは、大きな税金を課せられることがあることを示します。
しっかりと節税を行っておかなければ、税金に苦しめられることも考えられます。税金をしっかりと抑えるためには、ニーサとよばれるシステムの知識を理解しておく必要があります。
ニーサの根本的な目的についてしっかりと理解しておきましょう。
ニーサは政府が発案したシステムのことです。
簡単にいってしまえば、税金をなくすので投資活動を積極的に行ってくださいということです。
ニーサの口座を開設して、そのなかで投資活動をおこなうことで、そこで得た利益については非課税になります。
一定の投資額に制限されていますが、初心者のひとにとっては便利なシステムです。
これから投資活動をはじめる人を対象につくられたシステムです。
ニーサの口座を開設するためには、対応している証券口座に申込をすればいいです。
あとは、手順に従って書類をつくったり個人情報を入力すると、非課税で運用できる口座ができあがります。
投資額が決まっていますが、上限いっぱいを使う必要はありません。
投資活動を行う人の余裕資金の範囲内で運用できるので安心してつかえます。
投資活動には利益がでるといういい面だけでなく、リスクがあるというデメリットもあります。
株式投資をこれからはじめるひとは、両方の特徴を理解して、取り組むといいでしょう。
損をしない方法を学ぶだけでも株式投資のリスクを回避することができるからです。
そのためには、投資活動に関する基礎的な知識を身につける必要があります。
また、身に着けただけでは実際に活用できないので経験することも大切です。

ニーサが人気の秘密

株式などの金融商品を購入した場合、税金がかかってしまいます。
ニーサとはもともとイギリスで始まった金融商品にかかる税金を非課税にする制度で、株式をはじめとした金融商品にかかる税金が年間100万円までの制限はありますが、非課税になるという制度で2014年の1月からスタートしました。国の財政が厳しい今現在、国に頼らず自己資産を増やして今後に備えてほしいという狙いの元始まった制度です。
ニーサの特徴はニーサ口座を介さない普通の証券口座で株式などを購入し、値上がり益や売却益が発生した場合通常ですと20パーセントの税金がかかるのに対し0パーセントになるため税金の部分がまるまる自分の利益になるところです。
例えば100万円の株式に2倍の利益が出た場合、通常の証券口座の場合は利益分の100万円に対して税金が20パーセントの20万円かかりますが、ニーサ口座の場合はこの20万円は非課税になるので20万円は自分のものになるという事です。
ニーサ口座は20歳以上の人なら誰でも口座を開くことが出来、2014年から2023年までの10年間毎年100万円ずつの非課税枠が設けられ、さらに一度購入した株式などの金融商品は最長で5年保有する事ができます。
例えば2015年に購入した株式でしたら2019年までニーサで保有する事が出来、非課税の恩恵を受ける事ができます。
そして2020年間以降は一般口座(もしくは特定口座)に移動するか、100万円を上限にして非課税投資枠に移すか選ぶ事になります。
投資をしているとやはりそれにかかってくる税金というのは投資金額が増えれば増えるほど大きな存在となります。
ニーサはそれらの税金が全て非課税になるため利用している人がとても多く人気があります。